お知らせ

ウソみたいにカワいい!カナダカワウソ「新たな仲間の公開&愛称発表」

2021年 3月 22日

 

現在の展示は、新たに仲間入りした「いろは」と「ぽてと」の2頭となっています。

令和3年3月20日(土)から『カナダカワウソ水槽』に新しく2頭が仲間入りしました。

さらにカワいさ倍増の『カナダカワウソ水槽』にぜひ会いにきてください。

 

カナダカワウソの生態

 

アメリカ合衆国とカナダの川や湖、池、湿地、海岸近くの水辺に生息しています。

主食は魚ですが、カエルやザリガニ、小型の哺乳類、小鳥なども捕らえて食べます。

水族館で多く飼育されている「コツメカワウソ」と比べると体が大きく、

オス・メスともに全長約1m近くまで成長します。※ちなみにコツメカワウソは全長約60cmほどです。

日本での飼育は、当館を含めると現在3園館でのみです。(2021年3月現在)

当館のカナダカワウソは新しい2頭が加わり、オス1頭とメス3頭の計4頭になりました。

 

今回、仲間入りした2頭の特徴を紹介します。

【いろは(メス)】

3月20日(土)にデビューしました!

慎重派。

いつもの環境と違うところでも落ち着いて餌を食べるなど、意外と肝がすわっています。

氷をかじるのが大好きです。

 

 

 

 

【ぽてと(メス)】

3月20日(土)にデビューしました!

行動派で、怖いもの知らず。

気になるものがあれば、なんでも寄っていき、恐れずくわえたり動かしたりします。

作業中の係員に寄りかかり、背中や足に登ってこようとすることもあります。

 

 

 

以前から飼育中の「おはぎ」と「まろん」の2頭は、現在バックヤードで暮らしています。

【おはぎ(オス)】

メスより体や頭が大きいです。

マイペースでおっとりとしていて、メスにちょっかいを出されても怒ったりしません。

寝ることが好きで、リラックスしているときは足を投げ出して口が半開きのまま…なんてこともあります。

好物はホッケです。

 

 

 

【まろん(メス)】

オスに比べ体が小さく細く、高い声でよく鳴きます。

好奇心旺盛で、いろいろなものに興味を持ちます。

氷やおもちゃで遊んだり、プールで泳いだり、オスに乗っかってみたり、とにかく動いていることが多いです。

好物はサバです。

 

ウソみたいにカワいい!カナダカワウソたちにぜひ会いに来てください♪

 

また、館内のショップでは、新たな仲間の公開を記念して、

当館飼育員が監修したこだわりのオリジナルぬいぐるみなど

カワいいカナダカワウソグッズを取りそろえています。

オリジナルのカナダカワウソぬいぐるみは

大サイズ:12,000円、小サイズ:1,540円(※価格はすべて税込み)で、

「モラモラ」と「ガレオス」の両ショップで販売中です。

 

ご来館の際には、ショップにもぜひお立ち寄りください。

※動物の体調などにより、展示中止の場合もございますので、ご了承ください。