スタッフブログ

ペンギンなのに…

先日もご紹介したフンボルトペンギンのひな。

前回のブログからたった1週間ですが、ずいぶんと活動的になってきました。

sanpo

もう、昼間はほとんど巣小屋に入らず、ウロウロ自由にお散歩しています。周りの大人にちょっとくらいつつかれても、めげずにお散歩しているところを見ると、かなり好奇心の強いコかもしれません。

背中にたくさん残っていた綿羽(ひなの時期のふわふわの羽毛)も、かなり抜けてきました。

face

そして、お父ちゃん、お母ちゃんも、本格的に「子離れ」の時期を迎えているようです。

両親にとってはこれから迎える自分の換羽(1年位1度の羽の生え変わり)のために、エネルギーをため込む時期なのかもしれません。

両親からあまりエサをもらえなくなってひなの体重が減ってきてしまったので、先日からは、飼育係が「親代わり」となってエサを与えています。

esa

まだまだ上手に食べられなくて暴れてしまうこともあるけれど、日に日に上達していることも確か。

元の体重に早く戻れるよう、ひなとともに、私たち飼育係も今が頑張りどころです。

そして、昨日からついに泳ぎの練習も始めました。巣小屋の前に浅いコンテナを準備したのですが、周りをウロウロするばかりで、全く入ろうとしません。

仕方ないので、抱き上げてそーっと入れてみると…

pool2

大あわてでコンテナから飛び出してきました。

今までのひなたちはいったん水に入るとスムーズに泳ぎ始めることが多かったんですが、このコはペンギンなのに水が苦手なんでしょうか…?

泳ぎの練習はまだちょっと時間がかかりそうですが、今月中には何とか展示水槽にデビューできるよう、頑張っていきたいと思います。

ちびっこペンギンに会える日まで、どうぞお楽しみに!

sanpo2