スタッフブログ

音楽にこだわりました

いよいよ10月も半ば。ハロウィン気分も盛り上がってきましたね。

例年この時期の「イルカ・アシカ オーシャンライブ」は「ハロウィン」にこだわって台本を考えるのですが、今年はちょっと趣向が違います。

matsu

トレーナーのお姉さんの衣装も「ハロウィン」というよりは、どこかシック。

今年の秋ライブのテーマは「サウンドハウス」。「芸術の秋」つながり(?)で、音や音楽にこだわったプログラムなんです。

ステージの飾りつけも、ハロウィンだけでなく音符など音楽関係で仕上げたので、何だかポップな仕上がりになりました。

goe

音楽こだわりのプログラムですから、カリフォルニアアシカ「ゴエモン」が持つのも、いつものラケットやボールではなく「巨大マイク」。

goe3

色々な技を繰り出すゴエモンの側には、いつもこの巨大マイクが見えています。

では、どんなお話なのか…それは見ていただいてのお楽しみなんですが、動物たちの頑張りの様子をちょっとだけ紹介しちゃいましょう。

gon

ずぶぬれまで、あと0.5秒…

夏が終わっても、オキゴンドウ「ハナ」のジャンプは豪快そのもの。前方席の皆さんは、しっかりガードして、ずぶぬれにならないようにご注意くださいね。

一方軽やかなのはバンドウイルカ「モモ」のジャンプ。

touch

ボールにタッチする瞬間、何故か口を開けているモモ…不思議です。

軽やかといえば、カリフォルニアアシカ「ゴエモン」のリフティングもかなり軽やか。

goe2

自分でうまくタイミングを計っているのか、なかなかリズミカルでもあるので、そのあたりにも注目してみてください。

そして音楽こだわりですから、もちろんイルカたちの「声」もたくさん聴ける今回の「秋ライブ」。

ban

バンドウイルカ「シェル」。張り切って歌っています!

10月いっぱいまでの限定なので、どうぞお見逃しなく!