水族館の仲間たち

サケの稚魚が成長中!

2021年2月16日

昨年12月に当館で生まれたサケの稚魚たち。

受精卵からふ化した稚魚

生まれたばかりの稚魚のお腹には、オレンジ色の大きな「卵のう」があります。

「卵のう」には栄養が詰まっていて、当分の間、稚魚はこの栄養を吸収して育ちます。

 

成長と共に小さくなる「卵のう」

この間、稚魚は自分で餌を採らず、砂利の間でじっとして過ごします。

 

元気に泳ぐ稚魚

今では「卵のう」はすっかり無くなり、スマートな体型になりました。

飼育員が与える餌をもりもり食べています。

春に川を下り、北の海へと旅経つ準備を着々と進めています。

 

展示場所 「中流の自然」水槽 (森と川ゾーン)