水族館の仲間たち

サケが孵化しました

2020年12月22日

中流の自然水槽でサケの展示を始めました。

久慈川漁業協同組合では毎年、サケの資源保護を目的として人工受精をしており

今回は11月18~20日に受精した卵をいただきました。

サケの発眼卵

水族館に持ち帰った時には卵内で成長が進み、外から黒い眼が見える「発眼卵」の状態です。

時々、卵の中で体を動かす姿も確認できました。

 

そして人工受精から約1ヶ月後の12月19日、ふ化した一匹の稚魚を発見。

卵からふ化した稚魚

翌日以降もふ化が続き、無事に多くの稚魚が誕生しました。

稚魚には栄養の詰まった袋があり、当分は餌を食べずにこの栄養を吸収して育ちます。

これからの成長が楽しみです。

 

展示場所 「中流の自然」水槽 (森と川ゾーン)