フグの仲間たちが大集合!「まんぷくアクアワールド」

2月9日「フグの日」(1981年、下関ふく連盟によって語呂に合わせて制定)にちなみ、当館を代表するフグの仲間“マンボウ”をはじめ、約20種類のフグの仲間たちの生態やその魅力に迫る特別展示を実施いたします!

開催期間2024年2月3日(土)~3月3日(日)

お気に入りのフグを探そう!

シマキンチャクフグ(フグ科)
ノコギリハギ(カワハギ科)

館内12箇所の水槽で約20種類の個性豊かなフグの仲間たちを展示いたします!さらに、イベント期間中は、「おもしろ生物」水槽で、約8種類のフグの仲間たちが登場。なかでも「擬態」をテーマにした水槽では、シマキンチャクフグそっくりな姿で身を守るノコギリハギ(カワハギ科)、また特徴的な面白い形をしたハコフグの仲間などをご覧いただけます。ほかにも、フグの皮を提灯の形に加工した「フグ提灯」やフグの標本類も数多く展示。館内の水槽でお気に入りのフグを探してみてください♪

展示場所大洗の生物2、海藻の海、眼下の世界、きらめく珊瑚礁の魚たち、珊瑚礁の砂地・浅海、マンボウ水槽、「おもしろ生物」水槽1・5~10
展示生物ノコギリハギ、ミナミハコフグ、コンゴウフグ、ミドリフグなど
☆フグの仲間には、ベニカワムキ科、ギマ科、モンガラカワハギ科、カワハギ科、イトマキフグ科、ハコフグ科、ウチワフグ科、フグ科、ハリセンボン科、マンボウ科の10科が含まれています。(当館では、標本類を含め全ての科をご覧いただけます。)

「マンボウウォッチング」特別バージョン

「マンボウウォッチング」特別バージョン

マンボウがエサを食べる様子を、飼育員の解説付きでご覧いただけるマンボウウォッチング。普段のプログラムでは水面付近でエサを食べるマンボウの姿をご覧いただいていますが、イベント期間中はダイバー(飼育員)が水中に潜り、お客様の目線の高さでマンボウにエサを与えます。一瞬で口の中に吸い込まれていく、まばたき厳禁のマンボウの食事シーンを、どうぞ間近でお楽しみください!

開催日イベント期間中の土・日・祝日
開催時間11:00/15:00 (約10分間)
開催場所3階 悠久の海ゾーン マンボウ水槽
※平日は通常のマンボウウォッチングを開催いたします。
※生物の状況により内容を変更する場合がございます。

アクアワールド・大洗のマンボウたちが食べているエサ

マンボウは自然界では主にクラゲ(95%以上が水分)を食べていると言われており、当館では水分補給などを目的に、アジやカキ、エビをミキサーでミンチにしたものに、水とビタミン剤を加え、ゼラチンで固めたものをエサとして与えます。

マンボウのエサ
マンボウ

マンボウ
フグ目 マンボウ科

マンボウ科の仲間は、クラゲやイカを好んで食し、熱帯や温帯の海に生息。成長すると全長3mを超え、フグ目に属する魚の中で一番大きくなります。

世界最大級のウシマンボウの剥製標本の展示

館内4階「学びの海ゾーン」では、1999年7月に茨城県日立市沖の定置網で捕獲された体長3m、体重2030㎏の“世界最大級のウシマンボウ(剥製標本)”を展示しています。

リラックスカフェ“マーメイド”限定メニュー

当館のマンボウに与えているエサに見た目がそっくりなスイーツ“マンボウのごはん”を販売いたします!色も形もそっくりないもようかんと緑茶をごゆっくりお楽しみください。また、マンボウのオリジナルカードもプレゼントいたします。

オリジナルカード
価  格マンボウのごはん
(いもようかんと緑茶セット) 420円(税込)
販売場所3階 リラックスカフェ“マーメイド”

「参加型」プログラム~自然体験塾~ 「マンボウのふしぎ」

自然体験塾は、生き物や自然環境の大切さを伝えるため、飼育体験や磯観察などをおこなう事前申し込み制のプログラムです。今回はマンボウ飼育の裏側に潜入し、バックヤードで飼育員がエサを与える様子の見学や、マンボウの皮の標本づくりなどに参加いただけます。

開催日時2024年3月2日(土) 13:30~15:30
開催場所2024年2月17日(土) 必着
対象人数定員10名 小学生3年生以上と保護者
料  金1名1,500円(税込) ※別途入館料がかかります
参加方法詳しくはこちら ※往復はがきでのお申込みになります。
※生物の状況により内容を変更する場合がございます。

アクアワールド・大洗で魅力いっぱいのフグの仲間たちに出会おう!