スタッフブログ

マンボウの保護フェンス交換

マンボウの水槽には、壁やガラスに直接衝突しないように

保護フェンスが設置されています。

マンボウが勢いよく突っ込んだり、体を擦りながら泳ぐこともあり

約半年ほどで保護フェンスには傷や破れが目立ってきます。

破れを糸で補修することも・・・

マンボウが破れた穴から逃げ出すと大変!

ということで、新しい保護フェンスに交換することにしました。

支柱に巻き付けた長さ14mの保護フェンスを

ダイバーがゆっくり広げながら固定していきます。

皆さんから見えない水槽の上では、ボートに乗った飼育員が

保護フェンスを固定していきます。

固定は100カ所以上あり、バランスの悪いボートでの作業は

一苦労。腹筋が鍛えられます。

約2時間かけ、無事に新しい保護フェンスを設置することが出来ました。

もう、勢いよく突っ込まないでね。

新しい保護フェンスに向かって泳ぐマンボウ