スタッフブログ

ついに出ました!

今日はフンボルトペンギンの話題です。

先月末、ふ化して2か月目の記念日を迎えてこのブログでご紹介したフンボルトペンギンのひな。

hold

こちらは12月25日のひな。元気すぎて、つかまえるのが大変でした…

さらに成長して、今日は何と屋外の展示プールに登場しました!

today

大きさ自体は2週間前とあまり変わらないのですが、よく見るとひな特有の「綿羽」(ふわふわした羽)はすっかり抜けました。

全体的に「つるん」とした印象で、私たちから見ても大人っぽくなった感じ。下の写真と比べると変化がよく分かりますよね。

sugoya

12月31日の時点ではまだ少し綿羽が残っていました

初めての展示プールでちょっとびっくりしたのか初めはきょろきょろして落ち着かない様子でしたが、しばらくしてプールに飛び込むと、すいすいと泳ぎ始めました。

さすがペンギン!…と言いたいところですが、実はバックヤードで泳ぎの練習をかなり積んで、満を持してのデビューだったんです。

practice

小さなコンテナで泳ぎの練習中です

男の子だけあって泳ぎの練習は最初からかなり積極的。

それに加えてお母ちゃんがなかなかの「スパルタ」で、息子をコンテナに押し入れる場面を何度か目撃しました。

練習の成果があったので、初めての深いプールでも落ち着いて泳げたというわけです。

swim

初めての展示プールでも余裕です

ただし、ちびっこには先輩たちの手荒い歓迎も待っています。

「珍しいヤツが来た!」と集まってきた1~2歳の「元ちびっこペンギン」たちに背中や足をつつかれたり、追いかけられたり…

これもペンギン社会に受け入れてもらうためのひとつのステップとはいえ、なかなか大変そうです。

ちびっこが慣れるまでは、私たちスタッフの見守りが欠かせません。

そして、ひなにはもうひとつ大切な練習もあります。

それは「飼育係からエサをもらう」という練習。

お父ちゃん・お母ちゃんが吐き出してくれるエサをもらっていたひなにとって、私たちが差し出すエサは、最初「何これ?」という感じ。

でも、最近少しずつ慣れてきて、食べるのも上手になってきました。

この分なら「今月中に本格デビュー」も夢ではありません。

まだまだ毎日屋外に出ることはできないのですが、機会を見てお外に出る時間を少しずつ増やして外の世界にも慣れてもらおうと思っています。

ちびっこを見かけた際には、ぜひあたたかなご声援をお願いいたします!

10days

こんな頃もありました