現在位置:
  1. ホーム
  2. スタッフブログ
  3. 期待のニューフェイス

アクアワールド大洗水族館 スタッフブログ

期待のニューフェイス

今日はフンボルトペンギンの話題です。

実は先日、当館のフンボルトペンギンたちに新しい仲間が増えました。

297

まだちょっと緊張しています…

新江ノ島水族館生まれのオスペンギン「ムーン」です。

日本の水族館では1500羽を超えるフンボルトペンギンを飼育しており、施設内の繁殖もどんどん成功しています。

しかし、ひとつの施設だけで繁殖を進めていると、血統が偏ってしまったり、近親交配の心配が出てきてしまうため、時には他の施設から個体を移動して新しい血統を作り、繁殖を進める必要があるのです

当館でも、兄弟姉妹のペンギンたちが増えてしまったため、今後の繁殖を進めていくうえで「ぜひお婿さんを!」ということで、今回「ムーン」の来館となりました。

297all

ちょっと小柄で「かわいい系男子」な彼。当館にはいないタイプです

新江ノ島水族館では屋内での飼育だったため、環境に慣れてもらうということで、現在はバックヤードの予備水槽で過ごしている彼。

はじめはとても不安そうでしたが、幸い食欲があり、到着当日からエサを食べてくれました。

そして、さっそく翌日からは「お嫁さん候補」のメスペンギンともご対面。

297291

やはり仲間がいると落ち着くのか、行動にもずいぶん余裕が出てきました。

若い2羽はなかなか相性も良さそうで、寄り添うように過ごしています。

この様子なら、近々展示プールで皆さんや他の多くのペンギンたちにお目見え出来そうです。

フンボルトペンギンに限らず、動物を飼育している上でこういった移動などは欠かせないことですが、当事者であるペンギンたちにとって、環境の変化はストレスとなってしまうこともあります。

今後も体調や行動の変化をよく注意しつつ、早く「ムーン」が当館の環境や仲間たちに慣れるよう見守っていきたいと思います。

そして「ムーン」の婿入りと同時に、当館で生まれ皆さんにもかわいがっていただいた「№288」が新江ノ島水族館へと移動しました。

288

「湘南ガール」のお嫁さんと仲良くしてね~

体が大きく、体力も抜群な彼。はやくお嫁さんを見つけて、新江ノ島水族館での繁殖に貢献してほしいものです。

ちなみに担当の方からのメールによると、「№288」も順調にエサを食べて元気にしているとのこと。

この分なら、今年中にも「孫の顔」(私たち飼育係にとっては「№288」のこどもは孫のようなものです)を見られるかも…と期待がふくらみます。

当館の「ムーン」、新江ノ島水族館に行った「№288」が共に元気で過ごせますよう、あたたかく見守っていただければ幸いです。

「№288」、新江ノ島水族館でも頑張ってね~

そして、新しい仲間「ムーン」(当館での番号は「№297」になります)、これからも末永くよろしくね。

 

 

 

 

 

スタッフブログ

月別アーカイブ

おすすめコンテンツ

スタッフブログ

アクアワールドFAN

ページの上に戻る