スタッフブログ

あと5日です!

現在館内で行われている「カリフォルニアアシカ プリンの赤ちゃん お名前大募集」。

早いもので、募集期間は残り5日となってしまいました。

kopurin

どんなお名前になるのかな~

昨年8月4日に「プリン」と「ナッツ」の間に生まれた赤ちゃん。お母さんのおっぱいを飲んでグングン成長し、もう体重は40㎏を越えました。

成長の速さにびっくりするとともに、お母さん「プリン」ちゃんの頑張りには感謝の言葉もありません。

さて、このコのお名前を考えていただくにあたって、当館の動物たちがどんな名前の由来を持つのかをちょっとご紹介してみようと思います。

ぜひ参考にして、かわいいお名前を考えてくださいね。

まずは、ちょっと先輩のカリフォルニアアシカ「コタロー」。

0322kota

この表情はお母ちゃんにそっくりですね

彼の場合も館内で募集してお客様につけていただいた名前です。

お母ちゃんの「ココ」ちゃんにちなんで、男の子らしい元気な名前になりました。

そして、体の特徴から名前がついているのがバンドウイルカ「モモ」。

momo

他のイルカに比べてお腹がピンク色なので、その特徴からこの名前になりました。

そして、お誕生日に関係した名前なのがラッコの「カンナ」。

kanna

10月25日生まれのカンナは、10月の古い呼び方である「神無月」に由来する名前の持ち主なんです。

変わったところでは、地名に由来する動物も…

taru

直立ポーズでおなじみのゴマフアザラシ「タル」くんです。

彼は「小樽水族館」からやってきたので、その地名から「タル」となりました。

ちなみに、同居中(しかも現在猛アタック中でフラれっぱなし)のゴマフアザラシ「ラン」ちゃんも「室蘭水族館」から来たのが名前の由来です。

ran

色々な意味があってつけられた名前も、ずっと呼んでいると何だかとってもピッタリな名前のような気がしてくるから不思議です。

ぜひ、これらの例を参考にして、かわいいお名前を考えてくださいね。

どうぞよろしくお願いします!

p2

母からも「どうぞよろしくお願いします!」