スタッフブログ

お騒がせしました・・・

今日、午前11時頃、普段は静かな「サメの海1」水槽で大事件が起こりました。

この水槽は大型のサメたちが暮らす水槽なのですが、 その中でも一番大きなシロワニが小さなネムリブカをガブリ・・・

飼育員が駆け付けた時には口の中からサメの尾が見えているだけの状態でした。

小さなネムリブカとはいえ全長は1.6m、噛み付いたシロワニは2.8m、 それにシロワニの歯は鋭いものの噛み切ることができず、丸呑みしかできません。

私たち飼育員もまさか丸呑みにしようとはしないと信じていました。 ましてや、このシロワニは最近食欲不振から立ち直ったばかりでしたから。

事件が起きてから、約40分間シロワニも何とか飲み込んでしまおうと、 四苦八苦していましたが、結局は諦めて吐き出してしまいました。

ここでまた、咥えさせてしまうとシロワニの方にもダメージを与えてしまう可能性が あるため、ネムリブカを急いで拾い上げました。

ネムリブカにはかわいそうなことをしてしまいましたが、 シロワニの方もケアしてあげる必要があります。

サメ類を混泳させるときには、アクシデントが起きないように 種類やサイズの違い、個体の性格など考えて組み合わせているのですが、 これを機により一層注意しなければいけないと実感しました。

この顛末の間、お客様を驚かせてしまい申し訳ございませんでした。

 

※画像データにつきましては、一部不適切でありましたので、削除させていただきます。