現在位置:
  1. ホーム
  2. スタッフブログ
  3. 悲しみと,よろこびと…

アクアワールド大洗水族館 スタッフブログ

悲しみと,よろこびと…

いよいよ8月。今年もエトピリカの卵がふ化しました。

eto

ふ化したばかりのヒナは,真っ黒でふわふわ。小さくて何とも頼りなげな感じですが,毎日大きな声で鳴いて,両親にエサのおねだりをしているようです。

実は,上の写真のヒナは,両親ともにアクアワールド大洗生まれのカップルから誕生しました。

どちらかの親が当館生まれ,というケースは今までにもあったのですが,両親ともに当館生まれというのは「初」。

まだまだ新米で慣れない子育てに奮闘している両親エトピリカを見ていると,嬉しい気持ちでいっぱいになります。

 

でも,水族館の飼育係をしていると,嬉しいことばかりではありません。

新聞の報道などでもご存知の方が多いと思いますが,7月20日に誕生したラッコの赤ちゃんは,27日その短い生涯を終えました。

babyotter

赤ちゃんを胸に抱き,一生懸命子育てをしていたカンナ。私たち飼育係も,24時間体制でその子育てを見守ってきました。

カンナもあんなに頑張っていたのに…。赤ちゃんを救うために,私たちがもっとできる事は無かったのか…後悔はつきません。

しかし,悲しんでばかりはいられません。今後,再び赤ちゃんを授かった時に何ができるのか,今回の経験をしっかり検証して,備えなくてはならないのです。

幸い,カンナは,少しずつですが落ち着きを取り戻してきました。私たち飼育係が悲しんでばかりでは,カンナに申し訳ありません。

 

「いのち」と向き合う仕事ゆえの大きな悲しみと喜びを味わったこの10日間。

今は,1日も早いカンナの回復と,生まれたばかりのエトピリカのヒナの成長を精一杯見守っていきたいと思います。

4days

ふ化して4日目。ちょっぴり大きくなりました。

 

スタッフブログ

月別アーカイブ

おすすめコンテンツ

スタッフブログ

アクアワールドFAN

ページの上に戻る