スタッフブログ

カナダカワウソの変化

 

「おはぎ(オス)」と「まろん(メス)」のお披露目会から約2か月が経ちました。

お披露目当日は上手くいくか不安でいっぱいでしたが、大勢のお客様にも動じず、いつも通り餌を食べる姿にスターの素質を感じたことを覚えています。

早くもアクアワールドの人気者となった「おはぎ」と「まろん」。今回は2か月の間に起きた2頭の変化についてご紹介しましょう。

 

 

 

まずは「おはぎ」

以前は、飼育員が動くだけでうなっていた「おはぎ」。警戒心が強く、いつになったら心を開いてくれるんだろうと悩んでいましたが、ついに体を触らせてくれるようになりました。

 

 

 

 

続いて「まろん」

もともと好奇心旺盛な「まろん」は、遊ぶことが大好きです。お客様が少ない日は、水中のおもちゃで遊んでいます。

 

 

お客様が多い日は、ガラス越しに水中で遊んでくれるのを待っています。遊び始めると、なかなか飽きないのでシャッターチャンスでもありますよ。

 

 

 

「まろん」も新しく出来るようになったことがあります。それは

立つことが出来るようになりました。小さな肢と大きな尻尾で体を支え、どこか誇らしげに皆さんを見つめる姿に胸を打たれることでしょう。

 

 

そして最後にお知らせです。1月1日より12時40分から5Fカナダカワウソ水槽にて、お食事タイムを行っています。先ほどご紹介した「おはぎ」のボディータッチと、「まろん」の直立は、お食事タイムでご覧になれます。(動物の状態により内容を変更する場合がございます。)是非、2頭の可愛らしい姿に癒されてみてはいかがでしょうか。