スタッフブログ

平成最後の水族館

 

3月後半になり、新年度の始まりが近づいて忙しい時期になりましたね。

さて、この一年間を振り返ってみるとアクアワールド・大洗ではさまざまな変化がありました。

その変化を今回はみなさんと一緒に振り返っていきたいと思います。

 

 

2018年6月

新しい仲間、ミナミアメリカオットセイの「みこし」と「みやび」が京都水族館からやってきました!

この時、みこしはずっとみやびのそばを泳いでいました

 

アクアワールド・大洗では初めての飼育なので、2頭がやってくるのを私たち解説員もとても楽しみにしていました。

最近は、写真のように2頭一緒にプールで過ごす姿が見られますよ。

体が大きい方が男の子の「みこし」、体が小さい方が女の子の「みやび」です。

ぜひ、屋外にあるオットセイ水槽に遊びにきてください!

 

 

2018年7月

私たち解説員の新しい取り組み、「スポットガイド」が始まりました!

館内プログラム以外の隙間時間を利用して、水槽前で解説員がさまざまな生き物の解説をします。

 

おもしろ生物水槽6にて解説中

 

以前お知らせしましたが、どんどん新しいテーマが増えてさまざまな場所に解説員が出没しています。

興味のある方はぜひ過去のブログをご覧下さい!詳細をご覧いただけます。

http://www.aquaworld-oarai.com/staff-blog/other/20181225-10996

 

 

2018年12月

「インド洋水槽」を「サンゴ礁のドロップオフ水槽」に展示替えしました。

ドロップオフとは、海底が垂直に落ち込んでいる場所のことをいいます。

12月にある休館日を利用して展示替えを行ないましたが、長い期間をかけて魚類飼育員が準備を進めていました。

スザクサラサエビが同じ方向を向いている姿はとても人気があり、足を止めているお客様がたくさんいます。

お好きな角度から撮ってみてください。

水槽右側面にいくとエビを正面から撮ることができますよ。

ぜひ、飼育員が作り上げた新しいテーマの水槽をお楽しみください!

 

 

そして、2018年1月

企画展「~いばらきお魚天国~食ざんまい」が始まりました!

 

実は企画展に携わったスタッフがイラストになって、いろいろな茨城の「食」を紹介しているんです!

このイラストを頼りに、飼育員・解説員を探すのがもうひとつの楽しみ方です。

ぜひ、探してみてはいかがでしょうか?

企画展は5月6日(月)までです!

 

 

さて、この一年間、書ききれないほどたくさんの変化がありましたが、この先もいろいろな変化があると思います。

平成最後のアクアワールド・大洗水族館をぜひお楽しみください。

 

変わり続ける水族館を今後ともよろしくお願いいたします!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年3月24日 | カテゴリ:その他