現在位置:
  1. ホーム
  2. スタッフブログ
  3. イルカの飼育員さん

アクアワールド大洗水族館 スタッフブログ

イルカの飼育員さん

10月29日(日)に自然体験塾「生き物飼育体験(海獣編)」を行いました。

参加者の皆さま、ありがとうございました(^^)

 

さて、今回はイルカの飼育現場に潜入しましたよ!

飼育員がどんな仕事をしているのか、体験塾の様子と共に紹介します。

 

まずは、イルカに会いに行く前に参加者全員でイルカの絵を描きました。

イルカってどんな姿をしていたっけ~?

意外と難しかったようです。

イルカにはどんなヒレがどこにあるのか、鼻の穴はどこにあるのか、毛は生えているのか・・・

イルカの体についてじっくりと学びました。

皆さんもイルカの絵を描いてみると体のつくりがよく分かるかしれませんよ。

 

そして、いざサブプールにいくとイルカたちも興味を持ってくれたのか集まってきました。

なんか人がいっぱいきたぞ~

実際にイルカを見たあとは、エサの準備です。

今回はサバを半分に切りました。

魚を切るのは難しい~

子どもたちが切ってくれた魚はトレーナーが10時ライブでオキゴンドウのハナにあげましたよ!

やる気まんまん!

 

そして今回はライブの裏側も紹介します!

イルカ・アシカオーシャンライブでは、いろいろな音やBGM、照明を使います。

その全てを操作しているのが、コントロールルーム!

 

部屋の窓からショーの様子や動物達の動きを見て、効果音を流したり照明の色を変えたりします。

これが結構忙しい!

また、イルカとアシカがヘディングやボールキックに使うボールも操作します。

このたくさんの操作があるからこそ、ライブが盛り上がり楽しさが倍増するんですね!

ひとつのライブにはたくさんの飼育員が関わっていたんです。

このコントロールルームはショー会場向かって右上にあります。

ぜひ、ライブを見るときにはコントロールルームや、照明、音、ボールなどにも注目してみてくださいね!

 

さて、体験塾に戻りますが、今回はイルカにサインを出してみたり、エサをあげてみたり、間近でイルカの大きさを体感してみたり、盛りだくさんの内容でした。

 

お相手はカマイルカのサンデー

大きな口に魚をポイ!

オキゴンドウの尾ビレはこんなに大きい!!

そして、偶然イルカの便も見ることができました。

イルカたちの健康管理をするには、この便もとっても重要です。

 

飼育員さんの話を実際に聞いて、ますますイルカたちに興味が出てきている様子でした。

興味を持ってくれることがまず嬉しいですよね。

 

普段からトレーナーはイルカの健康管理のためにエサをあげるし、体に触ることもあるし、陸に上がってもらうこともあります。同時に、イルカの能力や魅力を伝えるためにショーという形でジャンプなどの種目を披露します。

今日、皆さんが体験したことは健康管理の一環であり、イルカたちを守るためにとても大切なことだったんです。

そして、トレーナーとイルカの関係がしっかりと築けているからこそできることなんです!

 

人間と関係を築けるのもイルカの能力のひとつだと思います。

ぜひ、ショーではイルカとトレーナーの関係にも注目してもらいたいですね。

 

 

今後も海獣飼育体験(小学生)や生き物飼育体験(魚類編)などの講座もありますので、ご興味がある方はぜひ応募してみてくださいね!

 

最後はみんなでジャンプのサイン!!

 

 

 

2017年11月2日 | カテゴリ:その他

スタッフブログ

月別アーカイブ

おすすめコンテンツ

スタッフブログ

アクアワールドFAN

ページの上に戻る