現在位置:
  1. ホーム
  2. スタッフブログ
  3. のぞいて見よう!飼育員さんの毎日♪

アクアワールド大洗水族館 スタッフブログ

のぞいて見よう!飼育員さんの毎日♪

水族館で働く憧れの存在、”飼育員”さん!

みなさんは飼育員さんが、毎日どんなお仕事をしているのか知っていますか?

今回は魚を飼育する〈魚類展示課〉の飼育員さんに密着取材!

いつもは見られないお仕事の内容を、飼育員さんが使っている専門用語を交えてお伝えします!

 

 

・測温(そくおん)

水温を測ります。

そのときに魚や水槽の様子もチェック!

測温表と水温計

 

 

・残餌取り(ざんじとり)

残ったエサを取り除きます。

そのままにしておくと、水質が悪くなって魚達が病気になってしまうこともあるんです。

 

 

・調餌(ちょうじ)

魚達のえさの準備。

魚によって口の大きさが違うので、食べやすいように色々な大きさに切り分けます。

 

 

・給餌(きゅうじ)

エサをあげることです。この時間が魚達を観察する最大のチャンスです!

エサが食べられているか、魚達がけんかをしていないかなど、

異変にもいち早く気が付くことができます。

 

 

・水槽掃除

特に太陽の光が差し込む水槽は、汚れていくスピードが速いので、頻繁に掃除をしなくてはなりません。

大きな水槽はウエットスーツに着替えて、魚と一緒に泳ぎながらお掃除!

水槽の水が冷たいと、寒さで手足が動きにくくなってしまい、体力も奪われます。

一見楽しそうに見えますが、過酷なお仕事です(*_*)

 

 

・ショー

アクアウォッチングはダイバーさんとアテンダントの水中対話ショー!

アクアウォッチングの様子

 

みなさんに観て頂いているのはダイバーさんですが、裏側では機械操作、バックヤードでケーブル操作…

たくさんの人が関わって一つのショーを作り上げているんですよ!

会場の後ろにある演出控え室。ここで会場に流れる音やカメラ映像の切り替えをしています。

 

ダイバーさんの持つカメラのケーブルの長さを調節します。

 

 

ここまでお仕事の様子をお伝えしてきました。専門用語もありましたが難しかったですか?

これはお仕事のほんの一部です。

時には魚の搬入を行ったり、漁師さんの船に乗って魚を採集、地曳網調査をしたりと、

まだまだ色んなお仕事が沢山あって毎日飼育員さんは大忙しです!

 

水族館で飼育している魚達を観た際には、飼育員さん目線で観察してみてくださいね♪

 

2017年9月27日 | カテゴリ:その他

スタッフブログ

月別アーカイブ

おすすめコンテンツ

スタッフブログ

アクアワールドFAN

ページの上に戻る