現在位置:
  1. ホーム
  2. スタッフブログ
  3. ありがとう さようなら

アクアワールド大洗水族館 スタッフブログ

ありがとう さようなら

今日はとても悲しくて残念なお知らせをしなくてはなりません。

屋外水槽でいつもかわいい寝顔を見せてくれたカリフォルニアアシカ「大介」くんが、本日亡くなりました。

1019

大介くんといえば、やっぱり「寝顔」。本当に癒されますね。

26歳といえば、カリフォルニアアシカにとって「おじいちゃん」といってもよいお年頃。

年のせいかここ数年は冬になると体調を崩すことも多く、今年も先月下旬から色々と治療を試みていました。

大介くんもお薬を飲んだり、注射を我慢したりと頑張ってくれたのですが、本日スタッフに見守られて眠るように息を引き取りました。

sleepdaisuke

実は時々イビキが聞こえてくることもありました

体が大きいのに性格は穏やかで、スタッフの間でも人気だった大介くん。

「飼育係の仕事では動物の死に立ち会うのは避けられない事」と頭では分かっていても、いざ大介くんの死を目の前にすると、悲しくてやりきれない思いでいっぱいになります。

0325

こんなおちゃめな姿もなつかしいですね

大介くんはその穏やかな性格から、新人トレーナーの「先生役」をつとめてもらうことも多く、現在活躍しているアシカトレーナーはそのほとんどが大介くんに指導してもらった経験があります。

そして、スタッフばかりではなく実はちびっこアシカのパートナーとしても、たびたび活躍してくれました。

まだ小さかった「コタロー」と一緒に展示プールでお昼寝する姿はとても微笑ましく、「親子ですか?」とお客様から尋ねられることもしばしば。

血のつながらないちびっこともうまく付き合ってくれる大介くんならではのエピソードです。

sleep

なつかしいちびっこ「コタロー」との2ショット。確かにこれは親子に見えます。

個人的には、大介くんの「いつもそこに変わらずに存在している」という雰囲気にいつも癒されていました。

つらい時や悲しい時に大介くんの穏やかな表情に励まされた経験は、今でも忘れられません。

kimegao

大介くんの「キメ顔」。大好きな写真です。

大介くんをいつも応援して下さった皆様、本当にありがとうございました。残念なお知らせになってしまって、本当に申し訳ございません。

そして、大介くん。長い間みんなを癒し、励ましてくれて本当にありがとう。天国でゆっくり休んでくださいね。

スタッフブログ

月別アーカイブ

おすすめコンテンツ

スタッフブログ

アクアワールドFAN

ページの上に戻る