現在位置:
  1. ホーム
  2. スタッフブログ

アクアワールド大洗水族館 スタッフブログ

 

みなさん、今日は何の日か知っていますか?

8月8日の「タコの日」、敬老の日でもある9月の第3月曜日は「エビの日」(今年は9月18日)など

調べてみると色々あるようですが、本日6月22日は「カニの日」なんです!

 

どうして「カニの日」なのかというと、

①かに座が6月22日から始まるから

②日本語の五十音で「か」は6番目、「に」は22番目だから

など様々な説があるそうです(^^)

かに座の始まりと五十音の「か」「に」がぴったりなんて驚きですよね!

 

ここ、アクアワールド・大洗にもたくさんのカニがいるので少し紹介します。

 

オオホモラ

モクズガニ

イワガニ

サワガニ

キンセンガニ

 

 

 

 

 

 

突然ですが、ここでみなさんにクイズです!

次の3枚の写真の中で仲間はずれはどれでしょう?

 

①タラバガニ

 

 

②オオズワイガニ

 

 

③タカアシガニ

 

 

 

 

 

正解は・・・①タラバガニです。

実はタラバガニはカニではなくヤドカリの仲間なのです!

 

どこで見分けることができるのか?というとあしの数です!

 

 

 

カニはハサミあしの他に歩くためのあし、歩脚(ほきゃく)が左右に4本ずつ、全部で8本のあしがあります。

それに対してヤドカリ仲間は歩脚が左右に3本ずつ、全部で6本です。

 

こんな風に簡単に見分けることができるので、是非覚えてみて下さい!

 

 

以上、カニの日の特集でしたv(^^)v

カイカムリ(またね~★)

2017年6月22日 | カテゴリ:その他

今日は、フンボルトペンギンの話題です。

フンボルトペンギンは、年に1度全身の羽が一気に生え換わる「換羽」の時期を迎えます。

例年、当館では6月~9月頃に次々と換羽を迎えるのですが、今年は今月初めから怒涛の「換羽ラッシュ」。

4wa

写真にうつる4羽とも換羽中です

当館では現在42羽のペンギンを飼育しているのですが、そのうち14羽が現在換羽中。何と1/3ものコが換羽中なんです。

実は昨年も換羽が集中して水槽のお掃除が本当に大変だったんですが、今年はそれを上回る集中っぷり。

朝、展示プールに溜まった羽を見ると、そのあまりの量にめまいがしそうです(笑)。

sentan

こちらは2羽が換羽中。モコモコっぷりが良く分かりますね。

そして今年の換羽のもうひとつの特徴が、体重の増加がハンパないこと。

換羽にはたくさんのエネルギーを使うため、換羽前には体重が増えるのは当然なのですが、今年は7㎏越えが続出。

普段の体重は3.5~4.5㎏なので倍近くまで増えていることになります。

289

すごいまんまる体型…このコの体重は7.7㎏もありました

普段は小柄でかわいいおばあちゃんペンギン「№138」もこんな体型になっちゃったんです。

totoro

若いスタッフから「トトロに似ている」って言われちゃいました…

水槽を見渡すとモコモコで真ん丸なペンギンたちがたくさんいて、何だか笑ってしまいます。

換羽は通常2週間ほどで終わるのですが、換羽終盤には古い羽が微妙に残ったペンギンたちが何とも面白い表情を見せてくれます。

普段は美人なコも…

138

微妙な羽の残りかた…これは女の子としてはツラい

286

姿勢は「気をつけ!」って感じで抜群ですが、こちらもビミョーな羽の残りかたですね

うーん、残念って感じですよね。

自分で羽づくろいがしにい頭周りに古い羽が残るコが多いのですが、その残り方は千差万別。

その差がどこから来るのかいつも不思議なのですが、これぞ個性なのかもしれません。

もちろん、換羽の時期は面白いことだけではありません。

体調を崩しやすい時期でもあるので、私たち飼育係にとっては最も気の抜けない時期でもあるんです。

「呼吸は大丈夫?食欲は?」 毎日細やかな体調チェックは欠かせません。

でも、古い羽が微妙に残った面白いペンギンの顔を見ていると、真剣な作業中なのに笑ってしまうこともしばしば…

namihei

なぜそこに3本だけ残っちゃったんでしょう…

こんな姿を見たら、やっぱり「波平さん」を連想してしまいますよね。

私たちはペンギンの体調に気を配りつつ(そして抜けた羽のお掃除に奮闘しつつ)も、面白い換羽姿を楽しんでいる毎日です。

年に1度しか見られない光景ですので、ぜひ皆さんもこの時期のペンギンたちの姿を見に来てくださいね。

284

こちらは換羽が終了してすっかりイケメンです

いよいよ6月も半ば。まだまだ梅雨空とはいえ、本格的な夏の訪れまで、もう残すところ1ヶ月といったところでしょうか。

この時期、水族館で一番焦っているのは、この人たちかもしれません。

teacher

うしろには先輩の厳しい目が…緊張しますよね~

イルカ担当の新人トレーナーさんたちです。

毎年夏になると「イルカ・アシカ オーシャンライブ」がパワーアップ。トレーナーとイルカたちが水中で共演するいわゆる「水中種目」が始まります。

現在その訓練が佳境に入ってきているんです。

まずは昨年の先輩たちの華麗な技を参考に見てみましょう。

saito

飛び出しの姿勢もばっちりきまってます!

イルカと一緒に水面から飛び出してみたり…

ride

笑顔でイルカの背中から手を振ったり…でも、この技は厳しい訓練の賜物なんです。

現在の新人トレーナーさんたちは…

senori

姿勢が何だか傾いてるよ~大丈夫~?

必死な表情でイルカにまたがるのがやっと。

surf

落ちないようにバランスを取るのが精一杯の状態です。

7月の本番まであと3週間足らず…

見ている私たちも心配ですが、一番焦っているのは本人たちのはず。でもその不安を解消するには練習しかありません。

ショーの合間に練習に付き合ってくれるイルカたちのためにも、何とか頑張ってほしいものです。

kaneda

新人トレーナーの練習は連日ショーの合間に決行中。もし見かけた際には、ぜひあたたかなご声援をお願いいたします!

rocket2

3年目のトレーナーさんも技の精度を上げるべく練習に励んでいます

 

 

 

いよいよ梅雨入りしましたね~

館内では今月から『七夕イベント2017』を開催しています。

入口すぐには、とっても大きな七夕飾りが登場!!

小さなおともだちが上を見上げながら、喜んでくれている姿をよく見かけます。

生き物科学館周辺では、七夕水槽も期間限定で展示中です。

一体なにが展示されているかは、ぜひ中に入って確かめてくださいね。

そして、その隣には七夕ならではの『こんな願い叶えます』コーナーがあります。

アクアワールドの生き物たちとふれあいを楽しめる3つの願い事の中から、

お好きなものをひとつ選んで、応募するイベントです。

 

今年は、イルカと触れ合える『イルカとふれあいスイミング』が登場☆

内容は当選された方の体力や泳力と相談して、決める予定です。

かなり貴重な体験になること間違いなしですので、

ぜひ気になる方はホームページで確認してみてくださいね!!

他にも、大水槽での給餌体験や大人気のダイオウグソクムシのタッチングがあります。

 

ご応募は館内のみで、募集期間は6月25日までです。

たくさんのご応募お待ちしています~

今日はカリフォルニアアシカの赤ちゃん「海人(かいと)」君の話題です。

face

明日で生後10か月目を迎える海人君。

体重はもうかなり前から40㎏を突破して、「もう赤ちゃんとは呼べないかも…」という雰囲気でしたが、実はまだ離乳をしていなかった海人君。

毎朝お母ちゃんのおっぱいを元気に飲んで過ごす毎日でした。

milk

しかし授乳するお母ちゃん「プリン」ちゃんの負担も考えて、ゴールデンウィーク後から本格的に離乳訓練を始めました。

まずはエサであるお魚に興味を持ってもらうことから始めます。

chase

泳ぐ魚(矢印)を一生懸命おいかける海人君

最初はビビりながら追いかけていたのですが、慣れてくるとやはり本能なのかガブリ!

eat

幼いながらもすごい迫力。でも、やっぱり「食べ物」だと思っていないのか、飲み込むところまではなかなかいきませんでした。

辛抱強く続けること数週間…一昨日ついに、お魚を飲み込むことに成功!

初めて飲み込んだお魚がおいしかったのか、ここからはスイスイと進み、昨日にはトレーナーさん手渡しのエサを食べるところまでステップアップしました!

tewatashi

真面目な顔でお魚をくわえると…

pool

プールに持っていって飲み込むんです。

離乳訓練の第1歩としては、なかなか上々の進み具合。

お腹の調子も今のところ大丈夫そうなので、今後は少しずつお魚の量を増やしながら進めていきたいと思います。

お部屋でもお外のプールでも離乳訓練を頑張っている海人君。

見かけたときには、上手く食べられるようにぜひ応援してあげてくださいね。

play

時々トレーナーさんと遊びたくなって訓練が中断することもあります(笑)

スタッフブログ

月別アーカイブ

おすすめコンテンツ

スタッフブログ

アクアワールドFAN

ページの上に戻る