スタッフブログ

今朝のこと。

まだ開館前の水族館に軽快な笛の音と音楽が鳴り響きました。そして、登場したのは…

足取りも軽快なペンギンたち!

そう、11月から始まる期間限定プログラム「フンボルトペンギンのお散歩タイム」の朝練が始まったのです。

毎年恒例のこの朝練、ペンギンたちに慣れてもらうという目的もありますが、MCを担当する新人解説員や、隊長をつとめる新人飼育員の練習でもあります。

今日は、新人解説員のMC練習ということもあり、ペンギンたちは経験豊かなベテランさんぞろい。

サクサク進むかと思いきや、なかなかそうはいきません。

ついつい水槽の中が気になって歩みが止まってしまったり…

オットセイに興味津々ですが…隊長が呼んでますよ~前に進んで~

ハードルにつまずきそうになったり…

しばらくぶりで、ペンギンたちもなかなか本調子とはいかなかったようです。

でも実は、色々なハプニングがあるのが「お散歩」の醍醐味。

うまくいかなくても何とも楽しそうだったり、遅れているのにとってものんびりしていたり、個性豊かなペンギンたちの様子を見ているだけで癒されます。

いい調子で進んでます!

今後も朝練を重ねて、11月1日の本番に備えていきます。

今年は、どんなお散歩になるのでしょうか? どうぞお楽しみに!

実は興味津々な留守番ペンギンたち。次はぜひ参加してもらいましょう(笑)

 

皆さん、こんにちは!!

10月と言えば、「ハロウィン」の季節ですね!!

水族館の券売機の近くには、「ハロウィン水槽」をご用意しました。

大きなハロウィンカボチャの口の中をよーく見ると・・・!!

水槽発見!!

棺桶や、ハロウィンカボチャ、お化け等々、飼育員がデザインしたハロウィンの景色はいかがでしょうか(^^)

実は、背景のイラストのデザインも飼育員の手作りなんです!!

 

おやおや・・・??よく見ると、お化けのシルエットに交じってなにやら怪しい影が!!!

おわかりいただけたでしょうか・・・?

おや??こんなところにも!!

この正体はなんと・・・お化け!?ではありません(笑)

正体は、「アカモンガラ」でした(^^)

暗闇で、泳ぎ回る怪しい影をぜひ見つけてみて下さいね!!

それではみなさん!!ハッピーハロウィン♡

2019年10月2日 | カテゴリ:その他

こんにちは。今日は「季節来遊魚」のお話です。

茨城の海では、夏から秋にかけて、あたたかい海に暮らす魚の卵やこどもが、黒潮の流れにのってやってきます。流れ着いた魚たちは、なんと、茨城の冬の寒さに耐えきれず、死んでしまうのです。この魚たちは「季節来遊魚」と呼ばれています。

当館では、現在この「季節来遊魚」を展示しています。

南の海に暮らしているようなカラフルな魚たちが、茨城の海にもやってくるなんて驚きですよね。実際に、海に生き物採集に通っていると、季節の変化を海の中でも感じる事ができてとても面白いです。

横じま模様が特徴的な「オヤビッチャ」

よーく見ると細ーい縞模様がある「アケボノチョウチョウウオ」。

背中の上の方に黒い模様があるのは、「セグロチョウチョウウオ」です。

水族館の入口を入ってすぐのエントランス水槽にて展示しています。

かわいらしい、カラフルな季節来遊魚たちをぜひご覧ください。

 

ちなみに、私のお気に入りは、「サザナミフグ」です。↓

一見、地味に見えますが、よーく見ると白い縞模様があります。

水玉模様かと思いきや、お腹側は縞模様なんです。

正面からみるともう、、あぁかわいい。

なぜ、尾びれを曲げたまま泳ぐのでしょうか。(笑)

いろいろと謎が多い、かわいらしい生き物です。

ふよふよ泳ぎまわる「サザナミフグ」もぜひ探してみて下さいね!!

2019年9月29日 | カテゴリ:その他

みなさん、こんにちは!外も少しずつ涼しくなってきて、すっかり秋がやってきましたね。

今年の夏、みなさんはどう過ごしましたか??花火を見たり、旅行に行ったり、、、

そして、海水浴に行った方も多いのではないでしょうか(^0^)

 

海でこんな生きものを見かけませんでしたか?それは・・・・・・・

 

クラゲです!目の前にいたら触ってみたいなーと思うかもしれませんね。

 

 

でも!絶対触らないよう注意です!!!

触手に毒を持っているので、うっかり刺されると大変なことになってしまいます・・・。

 

実は茨城県の海にも、クラゲたちがいるんですよ。

 

 

アカクラゲや、エチゼンクラゲ、ハナガサクラゲなど季節によっていろいろなクラゲがやって来ます。

 

海では厄介者に思われるクラゲですが、水族館では癒し系として大人気なんです☆

 

 

水中を漂う姿になんだか癒されますよね(^^)

実はこのふわふわな動きは「拍動」と言って、名前がしっかり付いています。

クラゲは心臓がない代わりに、拍動をすることによって酸素や栄養を体全体に送っているんですよ。

 

 

あの癒しの動きが生きるために欠かせないものだなんて、意外だったかもしれませんね。

みなさん、クラゲたちの見方が変わったでしょうか?

 

アクアワールド・大洗では定番のミズクラゲから、最近入ったばかりの小さなタコクラゲなど、

様々な種類のクラゲを見ることができます!

クラゲは漢字で「海月」と書きますが、秋にぴったりで綺麗な名前ですよね。

癒しがほしくなったら、ぜひアクアワールド・大洗のクラゲたちを見に来てください♪

 

 

今年の6月17日にアクアワールドで新たな命が誕生しました。

それはカリフォルニアアシカの赤ちゃんです。

 

 

 

 

アクアワールドでは、ここ数年カリフォルニアアシカの繁殖に成功しており、

今回は「ゴエモン(父親)」×「ココ(母親)」の子供が生まれました。

ゴエモンとココのカップルとしては初めての子供で、飼育員も喜んでいました。しかし、喜んでばかりはいられません。

子供がしっかりとおっぱいを飲むまでは安心できないのです。

ココの前回の子供は、初めて授乳するまでに50時間もかかりました。

初産ということもあってか、ココも少しパニックになっていたのかもしれません。

今回は何時間かかるのかと心配していると、なんと2時間ほどで授乳を確認できました。1度経験しているので慣れたものでした。

生まれてから4日後に子供の体重測定をしました。体重は7.49kgで体長は約68㎝のオスでした。

 

 

 

 

「少し小さいな~」と個人的に心配していたのですが、毎日栄養満点のおっぱいを飲んで、

今では体重34.6kg(9/20測定)まで増えて、体も大きくなりました。

 

 

 

 

今では、少しだけココと離れて、日光浴を行っています。ここで皆さんに耳寄りな情報を。

実は、日光浴は皆さんから少しだけ見える場所で行っています。

ミナミアメリカオットセイ水槽横のスロープ手すりから覗き込めば、日光浴をする子供をご覧いただけます。

大体9時から10時の間で約15分程度行っていますが、正確な開始時間は決まっていません。

タイミングが合えばご覧いただけますので、是非一度覗き込んでみてください。

 

 

 

ちなみにその場所はアシカがよく行き来するので、

大きな鳴き声や拍手の音が聞こえたら、練習をしている可能性もありますよ。

 

 

 

 

 

2019年9月20日 | カテゴリ:その他