スタッフブログ

みなさんは、「なるほど魚っちんぐ」に参加したことはありますか?

生きものの不思議をクイズをしながらのぞいていくコーナーです。

 

実は最近、この「なるほど魚っちんぐ」を行なうお部屋の模様替えをしました!

お部屋に入って右側にあるガラスケース。

水族館のキャラクターぬいぐるみが並べてあったのですが、このように変えてみました。

棚

オオメジロザメの顎骨とフンボルトペンギンの剥製が目立ちます!

普段は見えないところにしまっていた生きものアイテムを入れることで、研究室のような雰囲気になりました!

これはほんの一部なのですが、これだけたくさん並んでいるのを見るとわくわくしますよね。

では、この中からいくつかアイテムを紹介していきましょう!

 

 

これが何か分かりますか?これの持ち主は当館にいる海鳥なんです。

当館にいるのはフンボルトペンギンとエトピリカなので、そのどちらかということになるのですが・・・

 

 

正解は・・・エトピリカです!

さっきお見せしたのは「角覆(かくふく)」といって、繁殖期が終わるとくちばしからこの角覆がポロリと取れるんです。

これです!!!

触ってみると結構硬いんですよ~

私たち一押しのアイテムです!

 

 

続いては、こちら。

これは全て水族館にいる生きものの毛です。ヒントは・・・

 

①寒い所で暮らしている食いしん坊

②水族館一の芸達者(オーシャンライブで活躍中!)

③体にごま模様がある癒し系

 

だれの毛かわかりましたか?正解は・・・

 

①ラッコ

②カリフォルニアアシカ

③ゴマフアザラシ

でした!!!

 

ラッコの毛は特に柔らかいんです!

0120

カンナちゃんにさわった気分を味わってくださいね

 

声をかけていただければ、角覆や生きものたちの毛など気になるアイテムを触ることができます。

なるほど魚っちんぐの前後の時間は解説員がいるので、ぜひ時間をご確認の上遊びに来てください!

(※夏季は延長営業があるため、なるほど魚っんぐの時間が追加されています。)

 

そして、次に模様替えをしたのは本棚です。

図書

 

最近新しい本を大量に購入しました。

小さなお友だちも楽しめる絵本から、お父さん・お母さんもつい夢中になってしまうような生き物図鑑までそろっています!

また、当館だけでなく他の水族館・動物園の機関誌も置いているので、次に遊びに行きたい施設を見つけるのもおもしろいかもしれないですね。

6月25日・26日の休館日に更に本を追加する予定です。

この本棚をおもしろい本でいっぱいにするのが私達の目標です。

もし、「この生き物の本おもしろいよ~」というものがあったら教えてください!

 

なるほど魚っちんぐのお部屋は主に生き物のクイズをする場所ですが、これからはクイズ以外の時間も楽しめる&学べるお部屋にしていくので、ぜひ遊びにきてくださいね!

 

ホホジロザメの顎骨もあります~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年6月18日 | カテゴリ:その他

みなさんこんにちは!

今日は、フンボルトペンギンのお話です。

当館のTwitterや、機関誌Sea 遊では、何度か紹介しております、

今年3月生まれのちびっ子ペンギン『No.301 』についてです。

 

遺伝子の検査をした結果、「女の子」であることが判明!

なるほど、愛嬌たっぷり可愛いお顔なわけですね。

飼育員たちもメロメロ(*^^*)見てくださいこの上目遣い!!

 

しかし、彼女。意外におてんば。好奇心も旺盛で、巣小屋から出るようになってからというもの、

あちこちを歩き回って探検探検。頭から音符(♪)が出ているようにも見えます。

 

最近無事に展示プールデビューを果たし、皆様にもご覧いただけるようになりました。

甘えん坊で、お母さん、お父さんに口を開けて餌ちょうだーい!!と

アピールする姿も見られるかもしれません。

 

新江の島水族館からやってきたお父さんペンギン『No.297』。

心配だったのかちびっこペンギンの傍を一緒に泳いでいるかと思ったら

勢い余ってドーンと衝突していて笑ってしまいました。

いろんな一面を見せてくれるおてんば一家。

皆さんもぜひ、元気いっぱいなちびっこペンギンを探してみてくださいね(^^)

目印となるカラフルなバンドはまだしていないですが、

もう少し大きくなったら右の翼には青色と、ちょっと太めの白いバンド(女の子の目印)、

左の上に黒色、下に赤色のバンドを付ける予定です!

早く大きくな~れっ!!(^0^)♡

 

みなさんこんにちは!

最近は暑い日もあってなんだか夏が近づいてきた気がしますね。

 

夏といえばやっぱり「海」ですよね!

海水浴をするにはまだ早いですが、海での楽しみ方は他にもあるんですよ。

それは「磯観察」です。

「磯」はゴツゴツした岩や石が多い海岸のことです。

 

磯では、潮が引いたときにカニ・ヒトデ・ヤドカリなどの海の生き物と触れ合える「磯観察」ができるんです!

では、実際に大洗海岸で見つけた生き物たちを紹介しますね。

美しい脚の持ち主!!「ショウジンガニ」

 

磯生物のトップスター★「イトマキヒトデ」

 

どこにいるのかな?「アメフラシ」

 

見つけられたら超ラッキー!激レア「アカエラミノウミウシ」

 

 

水族館の近くには大洗海岸や平磯海岸など磯観察ができる場所があります。

石をひっくり返してみると隠れている生き物を見つけられますよ。

 

海には潮の満ち引きがあり、磯観察が出来ない日もあります。

1日2回、潮が引く「干潮」のときがグッドタイミングです(^^)

磯観察をするのはこの時間から前後1時間が最適です。

 

磯観察をしたい!と思ったそこのあなた!!タッチングプールにいるスタッフに声をかけてみてくださいね。

潮が引いているタイミングをお伝えします♪

 

必要なものは、

長靴・帽子・軍手・タオル・楽しむ心☆

これさえあれば誰でも磯観察ができます!

どんなところで生き物たちがくらしているのか、ぜひ観察をしに行ってみてくださいね。

 

ただし…

磯は生き物たちの棲み家でもあります。

石などを動かして観察をしたときは必ず元にもどしてくださいね(^口^)☆

 

 

 

 

 

 

 

 

いよいよ暑くなってきましたね~

特に屋外水槽を眺めていると、日差しの強さに何だかくらくらしてしまいそうです。

そんな時には、泳いでいる動物たちを見るととってもうらやましい!

0515

いつもはお昼寝三昧のカピバラ君もこの通り…

ところが、カピバラ君が気持ちよく泳いでいるお隣「フンボルトペンギン水槽」では…

atui

日向で何だかとっても暑そうにしているペンギンがたくさんいます。

「こんな時には泳いじゃえばいいのに…」と思うのですが、何故か日向で「はぁはぁ…」ちょっと理解に苦しんじゃいますね。

でも、やっぱり賢いコというのはいるもので、ちゃんと日陰でくつろいでいるペンギンを2羽発見しました。

83

今月30歳になった「癒し系おじいちゃんペンギン」である「№83」と、

76

最長老、同じく30歳の「№76」です。

2羽ともうまく日陰になる部分で快適に過ごしていて、「さすがじいちゃん、賢い!」と感動してしまいました。

これが「年の功」というのかもしれませんね(笑)。

しかも「お食事タイム」が終わると、ちゃっかり飼育係におねだりして餌もゲット!

じいちゃんたちの健康を支えているのは、飼育係の愛情と長年培った知恵といったところでしょうか。

これからますます暑くなりますし、ペンギンたちにとっては「換羽」(年に一度全身の羽が生え変わること)という体力を使う一大イベントも待ち構えています。

なるべく賢く体力を温存して、じいちゃんたちには涼しく健康に過ごしてほしいものです。

じいちゃんたちの賢さに感動しつつ、視線をちょっと移すと、なかなか面白いペンギンを見つけました。

最後にそのコのこともご紹介しましょう。

147

「№83」の奥さんである「№147」です。こちらももう22歳ですから、フンボルトペンギンとしては立派な「おばあちゃん」。

お年寄りの知恵を発揮して、日陰のそばまでは来ているのですが…ちょっとだけ横着をした結果、どうもお尻の方だけ暑いみたい(笑)。

後肢を伸ばした何ともだらしない格好で寝ていました。

暑くなってしまった岩にこまめに水をまいたり、飼育係もペンギンたちの暑さ対策には頑張っています。

ペンギンたちにも、じいちゃんたちを見習って「賢く」暑さ対策をしてほしいなぁ…と思う今日この頃です。

0428

暑いときにはプールで泳ぐのが一番!だと思うんだけどなぁ~

 

 

 

 

アクアワールド・大洗にあるたくさんの水槽には、

誰でもすぐに見つけられる、とても目立つスター的な生物もいれば、

いくら探しても見つけられない、いわゆる『かくれキャラ』もいます。

 

実際には『かくれキャラ』として暮らしているわけではないのですが、

ただ隠れるのが得意なだけだったり、夜行性で日中は岩陰にいたりと、

見つかりにくい理由はさまざまです。

今回は、「かくれキャラ」の宝庫?!ともいえる世界の海ゾーンの水槽から、

こちらの魚を紹介します。

その名は『サラサゴンベ』

この通り、とってもきれいなので、ぜひみなさんに見ていただきたいのですが、

同じ水槽には、大人気のチンアナゴたちが同居しているんです…

みんなそちらにばかり、目を向けてしまってなかなか気づいてくれませんT-T

まぁ確かに、癒し系のチンアナゴに夢中になるのも仕方ないのですが…

 

個人的には、もうかれこれ、このサラサゴンベとは6年以上のお付き合いです←一方的ですが(笑)

水槽のお引越しなどはありましたが、今の水槽にやってきてからは

たまにこうやって、ガラス面近くで元気な姿を見せてくれるのが楽しみです。

他の水槽にも、まだまだたくさんの隠れた個性的な生物がいますので、

ふと視線を変えてみると、意外な出会いがあるかもしれませんよ:)