スタッフブログ

 

みなさんこんにちは!

つい先日はバレンタインデーがありましたね(*’▽’)

 

というわけで今回は、生き物たちのLOVE…すなわち「愛♡」をテーマにお話ししていきます!

皆さんは、動物たちの求愛行動や愛情表現をどれだけ見たことがありますか?

犬や猫など、ペットを飼っている方はなんとなく想像できるかもしれませんが、

大きな声で鳴く、尻尾を振る、すり寄る…など、動物たちの愛の表し方はそれぞれ千差万別。とても面白いですよね!

 

館内を歩いていると、色んな光景を写真に収めることができました!例えば…

ある日のペンギン夫婦。今から何をするんでしょうか?

羽のお手入れを始めました!とっても気持ちよさそうですね!

こちらの写真のペンギンたちは、羽づくろいの真っ最中です(^▽^)

ペンギンたちはペアになると、お互いの体の羽をお手入れするんです。くちばしだと届かないところまで丁寧に…これぞまさしく「愛」ですね♡

因みに、日差しが出ていて暖かい日には、ペアで寄り添ってうたた寝をしていることもあります。ペンギン水槽は見てて飽きませんよ(`・ω・´)b

 

続いてはこちら!

…ギロリ。なんて鋭い眼光。

サメの海1水槽に暮らす大型のサメ、シロワニです。この写真のシロワニ、目元をよく見ると傷付いています。

ケガ?!いえいえ、これも「愛」なんです。なんとサメたちは、交尾の前に相手の体に噛みつくんです!

繁殖期が近づくと、段々サメたちの体に傷が増えていきます。

かわいそう…と思うかもしれませんが、サメたちにとって、LOVEとは痛みなのです!!

ちなみに、噛まれてできた傷は数週間もすれば治りますのでご安心ください。皆さんも是非、じっくり観察してみてくださいね。かっこいいですよ!

 

続いては…

エトピリカです!

エトピリカ(ふゆばねの すがた)

みなさん目の上あたりに注目です。眉毛のようなものがありますね。

これは飾り羽という羽なんです。ここからさらに羽が生え変わって白い顔!金色の飾り羽!と華やかな夏羽という姿に変身するのです°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

この姿になることで相手にアピールしているのではないかと言われています。人気が高いのは夏羽の姿なので、ぜひご覧ください。

ちなみに…もう少し暖かくなると、くちばし合わせを見ることができます。これは、お互いのくちばしをこすり合わせる求愛行動です(*´艸`*)

見られたらとてもラッキーですよ♡

 

まだまだ続きます。お次は…

上流の自然水槽で暮らすヤマメです。地味…と思いましたか?思いましたよね???

そんなことはありませんよ。ちょっとマニアックな魚こそ、面白いLOVEが発見できるのです。

注目して欲しいのは、体の色と鼻先(正しくは吻先)です。

 

赤っ!!そして…

ぐにゃっっっ!!!!

…こんな風に、繁殖期になると体色が変化する、「婚姻色」

吻先が曲がり、口がかぎ状になる「鼻まがり」を見ることができるんです!

婚姻色はオスメスどちらでも見られますが、鼻まがりはオスにしか見られません。

このように、魚たちも見た目を変化させて相手にアピールをします。体に顕著にLOVEが表れる…なんてわかりやすくて素敵なのでしょう!

 

…と、LOVEの話もここまでにしておいて。

2月の中旬から春先は、このように生き物たちの行動や姿が変わったり、ほほえましい一面が見えやすいですよヾ(*´∀`*)ノ

ご来館の際にはぜひ、みなさんも素敵なLOVEを見つけてくださいね♡

こんにちは。今日は、只今絶賛開催中の第28回企画展「THE サバイバル」についてのご紹介です。

と、言いたいところなのですが、今回はスタッフ目線での企画展のお話をしてみたいと思います。

 

 

この企画展のメンバーが初めて集まったのは、約1年半前の9月。

集まったメンバーと顔をあわせてビックリ。なんと、そのほとんどが企画展初めてのメンバーでした(私もその一人)!!(笑)

 

リーダーも副リーダーもなんと初心者。(笑)

企画展の準備期間はまさに、「波乱万丈」。サバイバルでした。

半年かけて形になってきたものがまっさら白紙に戻るなんてことも…

 

まずは、なにをテーマにするか??今回は、「色・模様・形」が題材でした。

さて、一言に色、模様、形と言えども、見せ方は無限大にある訳で、

ではどんなストーリー展開で構成していこうか。さらにこれらのどこに着目するか。

 

生き物たちの「色・模様・形」といえば…う~ん。「生存戦略」かな?

生物を勉強したことがある!!なんて人は聞いたことがある言葉かもしれません。

ざっくり言うと、生き物たちが厳しい自然界を生き残るための様々な戦略です。

 

さて、これでいこう!決まったのはいいけれど、生存戦略と言えども、実はかなーーーーり幅が広く、

的を絞るのがまた大変(笑)あれもこれも紹介したい!ってなってしまうんですよね(^^;)

 

体の形ゾーンをつくってみようか!魚ってなんであんな形してるのかとか!水の抵抗の話もしたい!実験水槽作っても楽しそう!!

いやいや、擬態、婚姻色、子孫を残す戦略、縞模様、カラフルな魚たち、色もいろいろ外せんぞ~(^‐^)模様もほら、こんなはなしあんな話~~

 

(^-^)…ま・と・ま・ら・ぬ。

 

どんな生き物・標本を展示しようか。まっさらな一部屋をどんな風に使うか。まさに1から作り上げていきます。

 

ああでもない、こうでもないの連続で、本当にこのまままとまるんだろうかと、不安な日々が続く中、

若手ならではのフレッシュな意見を中心に、少しずつメンバーの絆と共にまとまっていきました。

 

生き物を集めること、というと経験がありますが、

標本を借りる、動画や写真を借りる等、企画展では他の園館様や企業様から資料をお借りする事もあります。

手続きがいっぱい!!!!!

 

さらにパネルの文章や、パネルのデザイン、入口、ポスター、部屋内の内装のデザイン等も1から作ります!

書いて直して書いて直して書いて・・・パソコンにこんなにかじりつくことになるとは、これまた驚き。

その他・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・割愛ッッ!!!(^^)にっこり♡

 

はたして企画展開催に間に合うのか!!!(笑)

今となっては、笑って言えますが、当時は

ヒエエエエ(*O*)でした。(笑)

さて、続きの小話はまた後日(^^)

2020年2月2日 | カテゴリ:その他

昨年10月にリニューアルしてから毎日たくさんの皆さんに楽しんでいただいているタッチングプール。

実は、今日からこのタッチングプールで新しい企画が始まりました。

「ダイオウグソクムシ・タッチング」です。

最近人気の「深海生物」の代表選手であり、深海人気をけん引する生物でもあるダイオウグソクムシ。

今までも水槽で展示していましたが、その水槽の前で聞こえてくるのは、「気持ち悪い~」とか「ありえない~」という声。

でも、グロテスクでありながらどこか目が離せない生き物であることも確かなんですよね。

「5年間絶食しても死ななかった」など、びっくりな逸話にも事欠きません。

そんな生き物を、間近で見て、しかもさわれる絶好のチャンスです。

「触るのはちょっと…」という方もご安心ください。

その迫力ボディーを間近で見るだけでも、ご満足いただけるはず。

さすが「世界最大のダンゴムシの仲間」といわれるだけあって、背中を丸めてみたり…

と思うといきなりのけぞったり。結構色々な動きを見せてくれるんです。

時には、かごからそーっと顔を出そうとするしぐさも見られて、見ているだけでもワクワク(ゾクゾク?)します。

ちなみに、ダイオウグソクムシは深海にすむ生き物のため、水温は5℃とかなり低くなっています。

手を入れる時には、心して入れてくださいね。

「ダイオウグソクムシ・タッチング」は2月いっぱいの予定です。期間限定ですので、どうぞお早めに!

(なお、この期間中は「ドクターフィッシュ」ことガラ・ルファのタッチングはお休みとなります。ご了承ください)

 

 

 

 

 

昨年6月17日に誕生したカリフォルニアアシカの男の子は今日も元気いっぱいです。

前回のブログで紹介した時は体重19.2㎏でしたが、現在は32.2㎏(1/27  現在)まで増え、体も大きくなりました。

 

 

 

 

生後半年を過ぎ、最近では色々なものに興味を持ち始めました。

今、大好きなものはこれ。

ホースの水で遊ぶことです。

このほかにも、お部屋でクルクル回ったりと有り余る元気を爆発させています。

 

 

そんな元気な姿を皆さんにも見ていただこうと、屋外オーシャンゾーンのカリフォルニアアシカ展示水槽にて、

開館から12時頃まで展示を開始しました。(動物の状態により展示個体を変更する場合があります。)

展示し初めた頃は、浅瀬から深場へ行こうとしなかったのですが、慣れてからは自由に泳ぐようになりました。

何かに驚いたのか、猛ダッシュで泳ぎ始めたり良く分からないことをしでかしますが、

きっと皆さんを楽しませてくれることでしょう。

そして見ていただきたいポイントがもう1つあります。それはお部屋に帰るときです。

飼育員が持ってきた大きなケージの扉を開けると、なんと自ら入るのです。お利口さんな一面も是非見てあげて下さい。

(お部屋に帰る正確な時間は決まっていません。)

 

 

 

最後にお知らせです。

2020年2月1日~3月1日までの期間で、この子の名前を募集いたします。

詳細は下記のリンク先で、ご確認ください。

開館18周年!アクアワールド感謝祭2020

 

プロフィール

2019年6月17日生まれ オス 父親:ゴエモン 母親:ココ

性格:少し臆病な性格。 好きなもの:ホースの水・お母さん。

頼りになるゴエモンとココの待望の子供。どちらに似てもアクアワールドのスターになること間違いなし。

皆様からの素敵な名前をお待ちしております。

 

 

 

 

 

みなさん、こんにちは(^^♪

ついに新年が明けましたね。

お正月は少し過ぎてしまいましたが、1月ということで

縁起魚であるフグの仲間を紹介したいと思います。

地域によってはフグのことを「フク」と呼び、「福」に通じることから

縁起がいいと言われているんです。

まずはこちら!

 

う~マンボウ!

 

実は、マンボウってフグの仲間なんですよ。

最近、新しくちびっこマンボウが仲間入りしたんです。

 

体は小さくても一人前!

 

大きな水槽に2匹いるので探してみてくださいね (◎_◎)!

 

続いてはこちら!

 

にっこりハリセンボン

 

とってもかわいいですよね。

人が近づくと寄ってきてくれるんですよ(*‘ω‘ *)

ところが、同居魚のメイタイシガキフグはというと・・・

 

疲れ気味なメイタさん

 

物陰に隠れているか、隅っこにいることが多いです。

勇気を出して前に出てきたメイタさん

運が良ければこちらを向いてくれるかもしれません☺

どちらも同じハリセンボンの仲間ですが性格は真逆のようですね・・・

 

 

最後に!

そっくりさんをご紹介しましょう。

 

シマキンチャクフグ

 

ノコギリハギ

 

よ~く似ていますが、別の種類の魚です。

どこが違うか分かりますか?

私たち入れ替わってる?!

正解が気になる方は…水族館へ遊びに来てください!

 

マンボウ以外の魚たちはここで見られます。

 

オーシャンシアター向かい側です!

 

 

ちなみに、ここまで紹介した魚たちはみんなフグの仲間です!

他にも沢山のフグが暮らしているので見つけてみてくださいね~