自然体験塾活動レポート

かまぼこづくりにチャレンジ

プログラム かまぼこづくりにチャレンジ 開催日 2020年1月25日(土)
食卓でもよく見かける「かまぼこ」。皆さんは、かまぼこが何から作られているかご存知ですか?実は、かまぼこの原材料は魚。今回の体験塾では、魚を使ってかまぼこづくりに挑戦しました。


まずは、原材料である魚のことやかまぼこのつくり方をレクチャーで学びます。今回は茨城県水産試験場のご協力で、県魚「ヒラメ」を使ったかまぼこづくりにチャレンジすることになりました。何てぜいたく!(ちなみに一般に売られているかまぼこの原材料は、スケトウダラなどが多いようです)

 

レクチャーで習った手順通り、まずは魚を切るところから始めます。ヒラメの身は弾力があって、お子さんたちは意外に苦戦。お父さん、お母さんに手伝ってもらって、何とか頑張りました。


続いて登場するのは「ミキサー」。他の材料と一緒にミキサーでヒラメの身を細かくし、よく混ぜます。塩を少量入れると、一気に粘り気が出て、ちょっとびっくり。


形を作って、蒸し&揚げかまぼこを作ります。特に蒸しかまぼこの「板付け」作業はかなり難しく、皆さん苦労したようです。


揚げ作業が始まると、一気にいい匂いが漂ってきました。野菜も入れておいしそうな揚げかまぼこの出来上がり。もちろん、この後は皆さんお待ちかねの「試食タイム」です。