水族館の仲間たち

ヤマトトックリウミグモの展示

2019年2月23日

ヤマトトックリウミグモの展示を始めました。

ヤマトトックリウミグモは長い脚が蜘蛛(くも)のように見えることからこの名が付きましたが、

実際はクモの仲間ではなく、皆脚類(かいきゃくるい)と呼ばれる生物です。

体の中に内臓が収まりきれないため、脚の中に消化器官や生殖腺などが入り込んでいます。

今回は駿河湾の水深約400mの海底で採集し展示することができました。

ぜひこの珍生物をご覧下さい。

展示場所 大陸棚№3水槽ケース内(2F暗黒の海ゾーン)